トイプードル オリジン ドッグフード 

【オリジン】は愛犬家に選ばれる王者級のドッグフード

 


(出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/ecoplan21/id-orijin.html)

 

 

こちらでは、愛犬家の間で話題のドッグフード【オリジン】についての情報を紹介します。

 

 

オリジンのドッグフードが人気の理由

 

オリジンは世界で唯一、全種類6つ星を受賞した世界一のペットフードとして注目を集め、ペットオブザイヤーを3年連続で選ばれるなど、専門家からも評価されているドッグフードです。

 

種類としては、以下のような製品のラインナップになっています。

 

◆NEW ORIJEN WHOLE PREY
(NEW オリジン ホールプレイドッグフード)

・オリジン パピー(成長期の子犬〜授乳中の母犬用)
・オリジン アダルト(1歳〜8歳の成犬用)
・オリジン 6フィッシュ ドッグ(6週以上のオールステージ)
・オリジン シニア(高齢犬用・成犬用ライト)
・オリジン パピー・ラージ(大型犬の子犬用)

 

この5つの種類のドッグフードは、それぞれ栄養素が異なっています。

 

例えば、
オリジンパピーは子犬が賢く健康的に育つようにサポートするような成分配合に。
高齢犬には多めのたんぱく質が必要なので、オリジンシニアは高たんぱくで低タンパク質な栄養素が配合に。
このように、オリジンはワンちゃんの年齢や体格に適したフードを選ぶ事ができます。

 

優れた栄養価

 

ドッグフードは、愛犬の健康を左右するものです。

 

「総合栄養食」とパッケージに記載されているドッグフードを選べば、そのフードと新鮮な水だけで、ペットは健康な体を維持できるような栄養バランスになっています。

 

そして、「総合栄養食」と記載されているドッグフードはたくさんの種類があるのですが、オリジンのドッグフードは、この総合栄養食の中でも特に優れた栄養価のあるフードとして評価されているのです!

 

その理由は…。

 

◆グレインフリーを徹底している

 

犬は今も昔も「肉食動物」なので、本来穀類を食べる習慣のない犬が穀類を食べれば、消化器官に悪影響が出てアレルギーの原因に。

 

その点、オリジンのドッグフードは、犬本来の自然な栄養素である「肉」を80%、そして、「フルーツと野菜」を20%配合。

 

犬にとって必要のない穀類は一切配合していません。

 

犬が必要とする栄養素を効率的に摂ることができるドッグフードなのです。

 

◆最高級の赤肉を使用

 

オリジンに配合されている肉は、高蛋白質な赤肉。しかも信頼できる生産者のもとで大事に育てられた新鮮な赤肉のみを厳選して配合しています。

 

愛犬の活力の源となるたんぱく質を、質の良い肉から摂ることができます。

 

ちなみに、太り過ぎの犬にはかなりオススメですよ!

 

穀類(炭水化物)の多いフードを摂っている犬は、本来犬が必要とするタンパク質量が足りず、体に筋肉をつけることができません。

 

結果、筋肉量が少なく脂肪が多い体格になってしまい、スタミナのない犬になってしまうのです。

 

しかし、オリジンのドッグフードに替えるとタンパク質を十分に摂ることができるので、運動をすることによって筋肉量が増え、引き締まった体格にダイエットできます。

 

◆ストレスを緩和するハーブを配合

 

本来野生の犬にとって、ヒトの社会で暮らすということにはストレスがつきもの。吠えたらいけない、家の中でいたずらをしてはいけないなど、しつけ、我慢…。そんな犬の心を癒すハーブがオリジンには配合されています。

 

食事によって癒しを与えてあげることができるのも魅力的ですね♪

 

◆材料だけでなく運搬や加工方法にもこだわり

 

オリジンのドッグフードには、危険な合成添加物は一切配合されていません。

 

また、原材料の栄養価や風味を活かすことができるように、摂氏4℃に保ったトラックで毎日製造工場に運ばれたものを加工しています。

 

ですから、まるで今まで生きていた草食動物を捕まえて食べるように新鮮で、風味のあるフードに仕上がります。
袋を開けた途端、「肉」の香りが広がり、食が細いワンちゃんでもガツガツ食べる!という口コミが多いのも納得できますね。

 

 

このように、愛犬にとって理想的な栄養素を美味しく摂れるオリジンのドッグフードですが…

 

逆に、デメリットはあるのでしょうか?

 

 

オリジンのドッグフードにデメリットはある?

 


(出典:http://ドッグフード評判おすすめ.biz/トイプードル/ランキング.html)

 

 

オリジンのドッグフードはグレインフリー(穀物不使用)でお肉たっぷり。本来犬が必要とする栄養素をギュッと凝縮した総合栄養食です。

 

このドッグフードと新鮮な水だけで、健康を維持することができますし、犬が消化を苦手とする穀類が入っていないのでお腹の調子も良くなります。

 

健康状態が良くなれば、毛並みもツヤツヤに…という効果が期待できますよね。

 

しかし、オリジンのドッグフードには、大きなデメリットが…それは価格です。

 

どれくらい価格が高いの?本当に手が出せない価格か検証

 

グレインフリーで愛犬にとって理想的な栄養素であることで知られるカナガンドッグフードと比べても、オリジンドッグフードは価格がすごく高いのです。

 

例えば、3〜5キロくらいのトイプードルが食べる一日の量(給与量)で比べてみると…。

 

◆カナガン
1袋 2キロ 3960円(税抜)
1日の給与量80gで換算すると1日150円程度

 

◆オリジン(アダルト)
1袋 340g 1296円(税込)
1日の給与量70gで換算すると1日270円程度

 

ざっと計算してみると、一日当たり120円も差が…。

 

また、カナガンは公式サイトからの定期購入で割引があるので、実際にはこちらで計算した価格よりも定期購入すれば安く続けることができます。

 

しかし、オリジンは割引などは一切ありません。

 

どんなに良いドッグフードであっても、私の愛犬には「おやつ」、「ご褒美」でしかあげられないなぁ〜という価格です。

 

食べすぎ注意

 

また、オリジンは栄養がギュッと凝縮され、小麦などでカサ増しがされていないので、今までのフードよりも少ない量で栄養が摂れるようになっています。

 

上記のカナガンとオリジンの価格の比較のところでも、オリジンの場合は10g少なく減らして計算しました。

 

そして、オリジンはとても美味しいので食いつきの悪い犬でもガツガツ食べると評判なのですが、美味しすぎて「もっと欲しい!」と要求する犬も…。

 

欲しがるままにあげてしまうと栄養過多になって太るという危険性が出てきます。

 

ですから、食べ過ぎないように、給与量は体重を目安にパッケージできっちり確認し、愛犬の活動量に合った量を与えるようにしてあげてください。

 

 

あとがき

 


(出典:http://www.poodlelife.net/archives/10200)

 

 

オリジンのドッグフードは、栄養価も高く、本来犬が必要とするものだけを配合したフードですし、犬も喜んで食べると評判がよく、専門家からも高い評価を得ています。

 

ぜひ私の愛犬にも食べさせてあげたいのですが…価格が高いので、私の中では「経済的に余裕ができたら食べさせてあげたい!」という、憧れのドッグフードという位置づけです。

 

もしかしたら、私たちヒトが食べるよりも安全性の高い肉が使われているかも?と思うくらい、原材料に良いものが用いられているので、価格が高いのは仕方がないと納得できるのですが…。

 

しかし、長い目でみると健康に良いドッグフードを与えることで愛犬の健康の維持ができ、医療費がかからなくて済むという捉え方をするならばアリかもしれません。

 

高齢犬になったときの医療費は決して馬鹿にはならないので、いつまでも健康で長生きしてほしい…という願いを込めて、オリジンに切り替えるという選択もありますね。

 

 

⇒TOPページへ戻る

 

カナガンドッグフードの特徴

原材料は小麦やトウモロコシなどの穀物が一切使われていない、“グレインフリー”となっています。また主原料が嗜好性の高いと言われている“チキン”が使用されています。
トイプードルが本来必要としている良質な動物性タンパク質や、野菜・ハーブなどの配合により、栄養バランスが取れたドッグフードとなっています。
⇒体験レポはこちら

価格 3960(税抜)円
評価 評価5
備考 定期コースの場合は10%OFF(いつでも解約自由)
カナガンドッグフードの総評

カナガンドッグフードは粒のサイズが小粒なので、トイプードルの小さなお口でも食べやすいです。
我が家のトイプードルにも食べさせたら食いつきが良かったので1位
少食に困っている方には特にオススメです。飼い主さんの口コミでも比較的高評価のドッグフードですね。

NDFナチュラルドッグフードの特徴

主原料にはアレルギーになりにくい“ラム肉”を使用しているので、アレルギーが気になるトイプードルにオススメです。
原材料には人工的に作られた添加物が一切入っていない100%無添加のドッグフードとなっています。
⇒体験レポはこちら

価格 3960(税抜)円
評価 評価4
備考 定期コースの場合は10%OFF(いつでも解約自由)
NDFナチュラルドッグフードの総評

NDFナチュラルドッグフードは、粒のサイズが小粒タイプなので、体が小さめなトイプードルでも食べやすいサイズとなっています。
また全部で11種類の原材料しか使っていないので、アレルギー対象となる食材が少なく、涙やけ対策には一番オススメかなと思います。

ラム肉使用のドッグフードは珍しいので、ワンちゃんによっては好き嫌いがあるかもしれません。

ネルソンズドッグフードの特徴

ネルソンズドッグフードは毛並みに良いとされる"サーモンオイル"を使用しています。
また、グルコサミンとコンドロイチンを配合しているので愛犬の関節ケアも期待できます。
主原料は"チキン肉"です。

価格 3960(税抜)円
評価 評価3.5
備考 定期コースの場合は10%OFF(いつでも解約自由)
ネルソンズドッグフードの総評

原材料は添加物不使用で、穀物も使われていません。
全体的に良いドッグフードだと思いますが、ネックなのは口コミなどの評判が少ない点。 管理人もまだ試していないので、試してみたらもっと評価は上がるかも。

ファインペッツの特徴

防腐剤や酸化防止剤を一切使っていない、ラム肉使用の無添加ドックフードです。
初回購入時には1kg2262円が500円で購入できる為、愛犬の口に合うかどうか気軽にお試しする事ができます。

価格 初回お試し500円
評価 評価3.5
備考 1・4・8・16kgをの中から選べ、4kg以上で送料無料
ファインペッツの総評

内容量が細かく分けられているので、偏食気味のワンちゃんにはすごくオススメ。粒の大きさも大粒と小粒で選べます。

酸化防止剤などを一切使われていないのため保存期間には注意が必要です。

関連ページ

カナガンドッグフード
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
NDFナチュラルドッグフード
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
ネルソンズドッグフード
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
ファインペッツ
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
プロパックは世界60か国以上の愛犬が食べているドッグフード
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
ドッグフードのサイエンス・ダイエットは【プロ】を選んだ方がいい?
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
モグワンドッグフードの口コミ徹底調査!【最安値は通販?】
トイプードルにどんなご飯をあげたらよいのかお悩みの方へ!トイプードルにオススメなドッグフードを、実際に食べさせてみて比較紹介しています!
ブッチ(Butch)ってどんなドッグフード?【お試しできます】
ブッチ(Butch)は、今、Twitterやインスタグラムで話題になっている巨大ハムのようなドッグフード。柔らかな食感で無添加、栄養バランスも良くて愛犬も元気になる!と大評判です。こちらでは、このブッチのドッグフードについて詳しい情報をご紹介します。